自動車ローンの用語で知っておきたい知識

自動車ローン(マイカーローン)を契約する前に、知っておいてほしい用語と、それに関する基本的な知識をまとめてみました。
何もよくわからないで何となく申し込んでしまうと、後悔することもあるものです。自動車ローンの用語おえることで、契約もスムーズに行えて、その先の返済の備えにもなると思います。

金利に関する用語

固定金利

自動車ローンを契約した時の金利で、すべてのローンを払い終わるまで固定されるタイプの金利です。固定金利で、元利均等返済を選べば毎月の返済額が固定されます。これにより計画的なローン返済が実現します。

 

変動金利

公定歩合や市場の動向により変動するタイプの金利です。近年では、固定金利よりも変動金利のほうが低いです。
ですが、市場の動向によっては金利があがって、それと同時に月々の返済額も大きくなってしまいます。返済期間が長いほど、金利上昇のリスクも大きくなりますので、どこまでの金利の上昇までなら耐えられるかを考えておきましょう。

 

優遇金利

通常よりも低い金利が適用されるローンです。信用がおけると見られた顧客に適用される他、キャンペーンなどで優遇されることもあります。

 

■ どの金利を選ぶにしても、車の買い替えの頭金を増やしておいて損はありません。
予備知識として、頭金の増やす方法を参考にしてみてください。
>> 車の買い換えの知識 【オートローンの頭金を今すぐに増やす方法】

 

申し込みに関する用語

車種決定前審査

車種を決める前にインターネットなどで申し込んで行う仮審査のことです。

 

保証料

借り入れの際に発生することがあるもので、信用保証会社に債務保証を委託する際に必要になります。債務保証を委託すると、仮に契約者が返済できなくなった際には信用保証会社が代位弁済を行うことになります。

 

融資限度額

ローンで借り入れできる最大の金額をいいます。自動車ローンの一般的な融資限度額は、10〜300万円、10〜500万円となることが多くあります。

 

■ 頭金なしでローンを組むような場合は特に、仮審査を利用しておくのがおすすめです。
>> 車のローンは頭金なしで組めるのか?
あとから返済に困らないように読んでおくのがおすすめです。

 

返済に関する用語

元利均等返済

ローンの内訳である元金と利息を均等に返済する方式です。金利の変動がなければ月々の返済額は同額となり、計画的に返済していくことができるようになります。
しかし、当初の返済では利息に充当する割合が高くなるため元金にまで回らないことが多く、トータルで支払う利息が多くなってしまう面もあります。

 

自動車ローンの繰上返済

全額繰上返済と一部繰上返済があります。それぞれ、全額または決められた返済額よりも多く返済することで残高を少なくして利息も減らすことができます。

 

自動車ローンの借換え

自動車ローンの借換えとは、現在のローンを新たに組むローンで全額返済し、より低いローンに切り替えることを言います。
万が一、金利が高いローンしか借りられない場合は、繰り上げ返済ができるローンにしておけば、頃合いをみて低金利のローンに借換えるといいでしょう。