損保ジャパン自動車ローンの審査

損保ジャパン日本興亜の自動車ローンって?

保険のイメージが強い損保ジャパン日本興亜にも、自動車ローンがあります。
損保ジャパン日本興亜クレジットが提供する【ジャパンダ・ネットマイカーローン】です。固定の低金利で手続きも簡単とあってネットでも評判がいいです。

 

そんな損保ジャパン日本興亜の審査の申し込みの注意点としては、
自動車ローンの申し込み制限 です。

 

損保ジャパン日本興亜の自動車ローンに申し込めるのは申込時満20歳以上、満60歳以下で、
定職・定収入があって、
前年の税込み年収280万円以上に限られます。

 

この条件さえクリアすれば、固定金利で年1.9%〜というのは、
銀行のマイカーローンでもめずらしい好条件でイチオシです。

 

注文書なしで審査OK!
他社と金利を比べてみませんか?
のお申込みの詳細はこちら

審査完了後のキャンセルでも手数料の負担は一切なし!融資のタイミングは納車に合わせて相談できます

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンのメリット

損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンのメリットを一般的なマイカーローンと比較しながらわかりやすくご紹介します。
メリットの一番をあげるなら、固定の低金利ですが、その他にも特筆すべき点があるのでまとめますね。

 

  損保ジャパン日本興亜 一般的な金融機関
金利の形態 固定金利 変動金利
金利 1.9%〜2.85%
常時この金利
1.72%〜7.875%
下限金利はキャンペーン等
保証料・保証人 保証料込み 金利に含む/必要/その他
口座開設 不要 必要
審査結果 迅速!土日審査OK 平日の審査で数日かかる場合も

 

損保ジャパン日本興亜では、他社の自動車ローンでは必要になる保証料が込みで余分な必要もかかりません。
また、いつ申し込んでも固定の低金利というのは評価できますね?
総合的にみて費用の負担が少ないマイカーローンで優秀です。

 

 

借り方のポイント!

 

損保ジャパン日本興亜は、固定金利で、下限金利だけでなく上限金利も低いですから、契約すべき車のローン候補としてはイチオシです。

 

固定金利のメリットは、金利が契約終了まで変わらないため、返済額がずっと一定であることです。
【変動金利と固定金利のイメージ】
変動金利と固定金利の例
※イメージであり、実際の金利とは関係ありません

 

上の図は極端に見せているところはありますが、変動金利というのは、変動のリスクを加味して金利が低く設定されているのです。

 

変動金利で見た目が低い自動車ローンも確かにあるのですが、必ずしも下限金利で審査が通るとは限りません。
ですから、審査通過後の金利は必ず比較して選ぶ心づもりでいるのが正解ですよ。

 

下限金利も、上限金利も低い固定のマイカーローンは、めったにないです。

 

審査通過後にキャンセルOKですから、
いったん審査に通しておいて、変動金利のマイカーローンと総支払額を比較して有利な方を選ぶのがおすすめです。

損保ジャパン日本興亜
ジャパンダ・ネットマイカーローンの詳細

 

 

ジャパンダ・ネットマイカーローンの審査は厳しい?

 

損保ジャパン日本興亜の自動車ローンの審査では、仕事の勤続年数に関しては特に記載はありません。でも、年収の制限が280万円なので「損保ジャパン日本興亜の自動車ローンは少し条件が厳しい」と感じられる人もいるかもしれませんね?

 

その場合の対応策です。

 ほぼ同条件で、年収制限がゆるかやな自動車ローン

 

損保ジャパンが厳しいと感じるなら、三菱UFJ銀行の【ネットDEマイカーローン】 がおすすめです。
申込条件が200万円以上で、今、キャンペーンで1.72%〜の低金利になっています。気付いた人だけが得をするお宝ローンです。
全国どこからでもネット申し込みできて、こちらは事前審査が受けられます。

 

しかも、「事前審査」が使えるのでメリットが大きいです。
審査に通ることを確実にしてから車の購入に移るのがベストですから、事前審査を有効に使いたいところです。

 

事前審査は、ネットからすぐ申し込みOK!
最短即日で、メールで届くからわずらしさもありません。

 

三菱UFJ銀行の【ネットDEマイカーローン】の詳しいご説明はコチラ

※三菱UFJ銀行に口座がなくても、事前審査は申し込めます

 

 

そして、もし、年収制限が200万円でも厳しいと感じるのなら、金利の条件を少し譲って、年収制限がない自動車ローンを選びましょう。

 

 ほぼ同条件で、申込時の年収制限がない自動車ローン

 

静岡銀行の

がおすすめです。
銀行だから低金利で、しかも、申込条件で年収制限がない、知る人ぞ知る人気ローンです。
ネット銀行なので、全国どこからでも申し込みできます。損保ジャパン日本興亜のマイカーローンと同じく、融資までの手続きもネットでできます。

 

しかも、「仮審査」が使えるのでメリットが大きいです。
審査落ちすると信用情報にダメージがありますから、仮審査を有効に使いたいところです。

 

仮審査は、融資枠を付けるだけなので、車の注文書なしでもOK!
他でもっと低金利が通ったら、無料で申し込みをキャンセルできるのでリスクがありません。

 

ネット限定の低金利!利用者に優しい優秀ローン

※口座がなくても、来店不要で申し込み可。キャンセル料も無料です

 

 

どこで申し込みするのがいい?

申し込み条件で問題がない場合は、日本興亜の【ジャパンダ・ネットマイカーローン】と、三菱UFJ銀行の【ネットDEマイカーローン】を比較して、借り入れ金額でどちらを使うか決めるのがおすすめです。
借り入れ金額によって、適用される金利が変わるので下記の表でチェックしてみて下さい。

 

比較条件:借入期間5年60回払い

借入金額 損保ジャパン日本興亜 三菱UFJ銀行
金利 固定 変動
500万円超〜999万 1.9%〜2.45% 1.72%
200万円超〜499万 2.0%〜2.8% 2.5%
〜200万 2.0%〜2.8%
借入20万以上
2.975%
借入50万以上

 

どちらで借りるのが有利なのか、分析してみます。

 

今回、申込み条件はクリアしているものとして話をすすめますね。金利だけで判断するなら、借入金額に応じてマイカーローンを使い分けるといいでしょう。

 

500万円以上借りるなら、キャンペーン中ということもあり、三菱UFJ銀行の1.72%の金利に軍配があがります。

 

200万〜499万の範囲なら、要比較検討です。

損保ジャパン日本興亜の金利が審査結果によって2.0%〜2.8%の間で決まるからです。対策としては、損保ジャパン日本興亜に先に申し込んで、金利が2.5%以下だったらそのまま契約するのがいいでしょう。
そしてもし審査の結果で2.8%とかになったら、その結果をキープしたまま、三菱UFJ銀行にも申し込むのがいいですね。

 

200万円より借入金額が少なければ、損保ジャパン日本興亜の金利がお得です。個人的には、「利便性の面からも損保ジャパンでいいんじゃないかな〜」と思います。固定金利ですしね。

 

こうやって比較してみると、通常、固定金利は、変動のリスクがない代わりに金利が高めのところが多いのですが、損保ジャパン日本興亜のジャパンダネットマイカーローンは、低金利で良心的というのがわかりますよね?

 

【借り方のポイントのまとめ】
損保ジャパン日本興亜の車のローンのように、下限金利も、上限金利も低い固定のマイカーローンは、めったにないです。
審査通過後にキャンセルOKですから、
いったん審査に通しておいて、他社の変動金利のマイカーローンと比較して、金利の動向を見て有利な方を選ぶのがおすすめです。

損保ジャパン日本興亜の車ローン
ジャパンダ・ネットマイカーローンの詳細

 

ただし、500万円以上のお借入予定なら、現在は、三菱UFJ銀行の【ネットDEマイカーローン】のキャンペーン金利がお得です。こちらも合わせて検討してみて下さい。

三菱UFJ銀行の車ローン
ネットDEマイカーローンのキャンペーンの詳細

 

 

 

審査は厳しくないの?

「銀行は厳しい」というのは、一昔前の評判や口コミをそのまま信じているのだと思います。
特にネット申し込みに関しては、傾向が変わってきていますよ。

 

たとえば、静岡銀行の

は、こんな感じで審査が不安なユーザーに優しいですよ!

 

 

実は、しずぎんは、一部の地域指定だったのですが、人気が出てきて全国対応になったのです。こちらも、来店不要、申込条件で年収制限なし、事前診断あり、仮審査OK、低金利とかなりの好条件です。

 

 

損保ジャパン日本興亜でも年収制限があるのに、銀行が「審査に通るか不安な方は・・・」と丁寧に仮診断をやっているなんて、ひと昔前ならありえない状況です。
これも、ネット申込みのマイカーローンならではの特長です。

 

 

通したい時の対処方法

「マイカーローンが通るところを探したい」なら、ネット申込みで「仮審査」が使えるマイカーローンを使って通るところを探しましょう。
(残念ながら、ジャパンダ・ネットマイカーローンでは仮審査がありません)

 

仮審査では、下限金利と上限金利に幅があるか、段階的に儲けられているローンを使うのがおすすめです。ほどよいところで審査に通るのを狙うわけです。
「金利が高めのローンは通りやすい」この考え方の応用です。

 

この点、しずぎんマイカーローンはドンピシャでおすすめです。現在は、2段階設定の金利で、上の金利で通る可能性がでてきます。少し高めと言っても、ネット銀行だから他よりも低金利で安心ですよ。

 

クレジット系のマイカーローンに比べたら、下限で通っても上限で通っても低金利の可能性もありますし、やってみる価値はあります。

 

 

審査が不安ならこちらもおすすめ 

 

 

申し込みはめんどうじゃない?


 

損保ジャパン日本興亜の審査に申し込むのと手間は変わりません。
あえて、損保ジャパンと比較してデメリットをあげるなら変動金利ということでしょうか。

 

デメリットといっても、現在の金融マーケットの動向からして急激に金利が上昇するとは考えにくいのでデメリットにはならないかもですが。言い換えると、損保ジャパン日本興亜の最大のメリットは固定金利にあると思います。

 

固定金利では、損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンは評判もよくおすすめなのですが、審査落ちの心配を軽減するためには、申し込む順番を考えましょう。

 

損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンは仮審査がないので、審査落ちしたら落ちた履歴が残ります。
他社の仮審査を通しておけば、マイカーローンが使えないというリスクは軽減されますよね?

 

ネット申し込みの銀行のマイカーローンは、損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンと同じくらい便利になっています。
審査を不安を減らすためには、ネット申し込みのマイカーローンで仮審査を上手に使うのがおすすめです。

 

損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローンと比較するなら、おすすめはこれ!
静岡銀行

 

・合わせて読みたい 

 

損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローン CMでよく目にする安心感が魅力

車を購入する時というのはほとんどの方がローンを組むと思いますが、自動車ローンというのは銀行系、信販系、ディーラー系といったように色々な種類がありますよね?

 

損保ジャパン日本興亜といえば、自動車保険などでもよくCMを目にすると思います。損保ジャパン日本興亜の自動車ローンの最大の魅力は一律の固定金利であるために、申込み前から返済中にかかる金利の目安が分かることでしょう。さらにインターネットを通して申し込みを行うことができるので、365日、いつでもどこからでも損保ジャパン日本興亜の自動車ローンに申し込みをすることができます。

 

損保ジャパン日本興亜の自動車ローンで審査落ちしてしまう人の中には、そもそも損保ジャパン日本興亜の自動車ローンを利用することができない方もいます。仕事の勤続年数に関しては特に記載はありませんが、就職してから1年や2年、さらに転職をしてから1年…などといった方は、年収や勤務先などから総合的に判断されるものと思われます。自動車ローンの審査では、損保ジャパン日本興亜の自動車ローンは少し条件が厳しいと感じられる人は、まず、他社の仮審査がある自動車ローンで押さえを作るのがおすすめです。