マイカーローンの本審査

マイカーローンの借入の本審査と仮審査の違いについて

マイカーローンの本審査ですが、借入れの難易度は、借入する金融機関によって異なります。ですが、一般的には、仮審査が通っていれば本審査で手のひらを返すように落とされるようなことはまず無いようです。

 

仮審査と本審査の違い

金融機関によって厳密には違いますが、マイカーローンの仮審査と本審査の違いのひとつの例をあげると、

仮審査 ⇒ 一個人に対して、いくら貸せるかの融資枠を付ける
本審査 ⇒ 融資して大丈夫か書類をもとに正式に確認する

以上が、車でお金を借りる時の「仮審査と本審査の違い」です。
(マイカーローンと言ってますが、金融機関によって、オートローンと呼ばれたり、カーローンと言われたり表現は様々ですが同じものです。)

 

ただし、仮審査でどこまで本格的に審査をするかは金融機関によって異なります。この部分は主

 

ちなみに、私自身がある金融機関に確認したところ、本審査に落ちるのは、仮審査の状況から申告内容に大きな変化がある場合だそうです。審査を通過した前提条件が崩れたので、再審査が必要ということですね。全ての金融機関で同じとは言えませんが、参考にもう少し具体的にシェアしますね。

 

仮審査が通ったのに本審査で落ちてしまうケース

  • 勤め先が変わった(職業の変更)
  • 無職になった(収入の変更)
  • 本審査の機関までの間に他の支払いで滞納があった

 

これらは一例ですが、仮審査の時には融資がOKな状態でも、本審査のときに状況が変わっていたり金融事故が生じていると審査に通りません。

 

融資の増額にも注意

また、注意したいのが、車の車種を変更して融資の増額です。

検討途中で購入予定の車が変わって融資希望額が大幅に変更になった

というのはよくあることですよね?
少しくらいの増額なら書類の書き換えで対応してくれるようなのですが、再審査になることもあるようです。このときに、たまたま借入金額が個人の融資枠を超えていると、仮審査は通ったのに、本審査が通らなかったという結果になります。
増額を申請して本審査するなら、もし通らなかったら・・・とういときのことをあらかじめ相談しておくと安心でしょう。

 

以上のことをおさえて、マイカーローンの仮審査を通しておけば、本審査で意味もなく落とされる可能性はほぼないと思います。

 

仮審査と言っていますが、事前審査というのもほぼ同じ意味合いです。ただ、金融機関によって、仮審査や事前審査でどこまで踏み込んで審査しているかは異なります。ですが、他社のローンとの比較には使えますね!

 

仮審査や事前審査が使えうマイカーローンのうち、ネットから申し込めて全国対応の低金利ローンをご紹介します。
仮審査は、車を決める前にでも申し込めますので、いきなり本審査が不安な場合は積極的に使いたいところです。

 

三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローン ←当サイトのイチオシ

 

今なら「超」低金利!借入金額が大きいほど低金利
事前審査は最短で即日回答!
保証料の負担が不要!
※三菱UFJ銀行に口座がなくても、事前審査が可能です

 

新車・中古車問わずの低金利キャンペーン実施中!
他の都市銀行のマイカーローンと金利を比較しても、金利で選ぶなら、ネットDEマイカーローンがおすすめ。

 

期間限定のキャンペーン
三菱UFJ銀行 ネットDEマイカーローンのキャンペーンはこちら

 

静岡銀行(しずぎん)マイカーローン

 

銀行にしては驚き!審査が不安な人のための5秒診断があります。昔は地域限定だったのに、人気急上昇で全国対応になった穴場ローンだったりします。

 

静岡銀行(しずぎん)マイカーローンの公式サイトはこちら

 

いきなり本審査のマイカーローンの場合

マイカーローンは仮審査なく、いきなり本審査に入るローンも多くあります。

 

この場合の借入の本審査の内容ですが、借入先によって内容は異なります。ただし、おおまかに共通しているのは、収入・仕事・勤続年数・その他の借入・金融事故の有無などだと言われています。

 

この収入というのは年収のことです。そして仕事はどのような仕事、役職なのかということです。勤続年数は就職、転職してからどの程度の年数が経過しているのか、ということです。基本的には、安定した収入がない方も車のローンの本審査を通過することができません。

 

仕事ですが、公務員のようないわゆる堅い仕事だと本審査に通過しやすいと言えるでしょう。変なたとえですが、自営業の方が公務員の人と同じくらいの年収の場合は、公務員の人のほうが通りやすい場合もあります。それだけ、安定した収入があるかどうかというのを、重視していうと言うことですね。

 

あくまで口コミレベルの情報ですが、機械的な審査でひっかからなれば突っ込んで調査されることはないようです。
言い換えると、機械的な審査で何らかの理由で弾かれてしまった場合に、マイカーローンの審査を通していいかどうかを詳細に調査されるということです。

 

 

審査に難易度の違いはある?

審査に難易度があるかと言えば、正直なところ「ある」といえるでしょう。
借入先によって、金利や返済期間などの貸出条件が異なりますし、借入する金額も個々人によって異なるので、あの金融は厳しいというように安易に答えられるものではないのですが、大まかな傾向は間違いなくあります。

 

難易度の考え方ですが、すごく分かりやすく言うと、「銀行、消費者金融と、悪徳金融で借りる難易度は?」と聞かれれば、誰でも難易度の違いは答えられますよね?これと同じ感覚です。

 

借りる場所によって難易度に違いがあり、さらに金利によっても難易度の違いが出てきます。
銀行のマイカーローンはそもそもが低金利での貸出をウリにしているので審査は厳しくなります。次に金利の条件を少し譲る形で信販系のオートローンが続きます。

 

収入があるにしても、不安定な場合などは、低金利のローンには通りにくい状況にありますから、ひとつ本審査が拒否された場合は、借り先の選び方を変えてみましょう。返済シミュレーションをして返済が可能と判断できるなら、条件を譲ることで、借りやすさを優先するのもありだと思います。