自動車ローンの審査の前に必ず確認して欲しいポイント

 

自動車ローン(カーローン)を組むならできるだけ低金利に越したことはありません。でも、自動車を買うわけですから審査に通らないと意味がないですよね?
自動車ローンは、まずは審査を通すことを優先して考えて、最終的に支払総額が少なくなるようにするように調整することが重要です。

 

自動車ローンの選び方

当サイトでは、自動車ローンの借入れから返済をトータルでみて、支払総額を少なくする方法を提案します。


住宅ローンを組む時の王道のノウハウを、自動車ローンの組み方に応用しています。
ぜひご活用して、上手に自動車ローンを組んで下さい。

 

当サイトのイチオシの自動車ローン

 

住信SBIネット銀行のMr.自動車ローン

基準金利から年0.1%引き下げ!
しかも、金利も0.975%〜とダントツの好条件です。

 

ただし、3月31日までの限定キャンペーンです。
とりあえず、今の低金利で仮審査を通して結果をキープするのをおすすめします。
年収によるお申込み制限がないという点でも利用者に優しいですよね?

 

※土日審査OK!
金利0.1%引下げ!キャンペーンサイトはコチラ

※当サイトからのご紹介のキャンペーンコードを配布中。申し込み時に入力必須です。

 

 

損保ジャパンのネットマイカーローン

年収が280万円以上なら、
「損保ジャパンのジャパンダ・ネットマイカーローン」も視野に入れてください。

 

こちらは、固定の低金利で、融資までがスピーディー!
変動金利の銀行ローンよりも、長期ローンを組むのに安心です。

 

※土日審査OK!
固定の1.9%は銀行でもなかなかでない好条件!

※審査完了後のキャンセルしても手数料の負担は一切なし!融資のタイミングは納車に合わせて相談できます

 

 

住信SBIネット銀行のMr.自動車ローンと、損保ジャパンを2つ同時に申し込んで、金利が低い方を選ぶのが通のやり方。

 

両方ともキャンセル料が無料です。上手に使いましょう!

 

 

ローン審査を通すコツ

 

自動車ローンに限らず、ローンの審査は、返済能力をみるものです。
ローンの審査でみられるのは、年収や勤務状況や、信用情報などです。
ですが、これらは今更どうにもなりません。
そこで、唯一できる対策は借りる金額を減らすことです。

 

借りる金額を減らすのは意外と簡単?

 

借入する金額を減らすには、今ある車を高く売って、頭金を作るのが一番簡単です。
メーカーや、車種によっては、
30万、40万と査定額が変わってきます。
高く売れるところに売るのが、断然お得です!車が高く売れる査定先と査定方法をご紹介するので、車の乗り換えだったら、ぜひ参考にして見て下さい。

 


借入れ金額の大きさは、審査の難易度にも影響する

自動車ローンには、銀行や信用金庫が提供している、マイカーローンやカーローンと呼ばれるものや、自動車メーカーごとのディーラー、販売店大手のビックモーターや、ガリバーなどが提供する提携ローンがあります。

 

どこで申し込むにしても年収に対して借りられる金額の上限(与信枠)はおおよそ決まっています。

 

与信枠はどうにもできないものなので、この枠内に収まるように、頭金を作って車のローンで借りる金額を減らしていく必要があるのです。

 

どれくらいまでなら借りられるの?

 

審査時のひとつの目安なのですが、借りられるローンの限度額は年収の30%〜40%でそれを超えてしまうと審査に通らないといわれています。
例えばですが、年収が300万の人がローンを借りようとするなら、120万円(300万×40%)が上限でこれ以上の部分は頭金で補う必要があります。

 

もちろん、金融業者によって様々ですのであくまでも目安です。ただ、一般的に金利が高いほうが難易度はゆるいと言われています。これは金利を上げることで多少のリスクを容認している結果です。

 

このことから考えても、頭金を入れることで借入金額が減らすと審査に通りやすくなり、条件の良いローンを組むための選択肢が広がります。
「車のローンを申し込んだけど審査が通らない」という人は、
無理のない範囲で頭金を多目に入れてみましょう。

 

無理なく頭金を作る方法

 

低金利にこだわりすぎて、審査に通りにくいローンを選んで悩んでいる人も多くいます。

 

自動車の購入は必要があってのことですから、どうしても通らない場合は、金利の条件をゆずることが必要な場合もあります。金利が高くなっても、先に説明した通り、頭金を多くいれることで毎月の返済を小さくして、返済総額を減らすこともできます。

 

 

どうしても審査が通らない時に審査を通す裏技

子供が生まれたり、車が故障して買い換えしないといけないなど、何らかの事情がある時もありますよね?
100%通るとは言えませんが、販売店をミカタに付ける方法があるのでご紹介します。

 

中古車買取店の中には、車の販売と買取の両方を行っている会社があります。どうしても審査に通らないなら

 

同じ店舗で、車を売って新しい車を買って下さい。

 

車の売買を同時にしてくれるお客なら、車の買取で利益がでなくても、いろいろ融通を利かせてくれる可能性が高いです。ディーラーの下取りと似ていますが、ディーラーは車の販売を行っていません。だから、下取り価格が安くなります。
中古車買取店で車の販売と買取の両方を行っている会社を探すのがポイントです。

 

買取と販売を行っているおすすめの会社は、
ガリバー、ラビット、カーチス、アップル、カーリンク、カーチェンジA1などあります。単独で査定するよりも、買取価格が高くなるので、無料一括査定で連絡をとるのがおすすめです。

 

自動車ローンの返済を考えて、車を高く買い取ってもらって、頭金を多く入れるに越したことはないです。
頭金を増やすことによる利息の削減効果はとても大きいですよ。

 

必ず一括査定を使って下さい。

 

おすすめの無料一括査定はこちら
※査定の申し込みをすれば、近くの店舗から連絡がきます
※車の販売をやっているかをきいて対応して下さいね。

 

それでも審査に通らない時の理由と対処法

銀行やディーラーで取り扱っているオートローンやマイカーローンというのは、用途を限定することで低金利になっています。
別の見方をすれば、低金利だから審査が厳しいのです。

 

書類を提出しても審査に通らない場合で、滞納などの金融事故に身に覚えがないなら、年収や、会社の勤務年数などが審査をクリアするための基本的な基準を満たしていない可能性が高いです。
ディーラーの提携ローンと、銀行を比べた場合は、銀行のほうが審査は厳しいです。

 

銀行の審査基準

 

銀行によっても審査の難易度に違いがありますが、このサイトでご紹介しているしずぎんのマイカーローンは、年収による制限がないので申込基準がゆるやかです。
申し込み前にネットから借入れ診断ができるので、試してみるのもおすすめです。

 

もし、これでもダメだったら…

 

 

マイカーローンやオートローンにこだわるのをやめる!


発想を変えて、借りられるところで借りて上手に返済するのもひとつの方法です。
もっとゆるいところがあります。

 

申し込みしやすいところでいうと、
銀行や、消費者金融のカードローンやフリーローンがあります。
銀行のカードローンなら、マイカーローンの代わりに使いやすいのではないでしょうか?

 

返済は、毎月の支払いなので、ディーラーや銀行のオートローンとの違いはありません。事前に借りられるかどうかの診断ができるところもあったり、シミュレーションをして毎月の返済も確認できたりして、使い勝手もいいです。

 

ひとつデメリットをお伝えすると、銀行と比較すると金利が高いです。でも、この弱点は、頭金をできるだけ多く入れて、こまめに繰り上げ返済をする ことで解消されます。

 

参考に、フリーローンで車を購入しても大丈夫も読んでみて下さい。

 

知っておきたい信用情報の話

 

お金を借りたり、クレジットカードを作った経験がある人なら、信用情報というのを知っていると思います。信用情報というのは、金融の信用取引における契約状況や、返済状況などの客観的なデータです。

 

例えば、過去に滞納があると、一定期間、信用情報にそのデータが残ります。また、滞納などの金融事故がなくても、すでに借り入れがありすぎたりすると審査に通らないケースもあります。

 

信用情報をどんな基準で使って審査するかは、金融機関によって異なり開示されることはありません。

 

審査の基準は会社によって異なる

 

覚えておきたのは、審査の基準は会社によって異なるもので、ひとつダメだったからと言ってほかも全てダメとは限らないことです。また、その一方で、審査に落ちたら落ちたで、その情報も信用情報にのってしまいます。

 

そのため、おおよそ、どうして借りられないかの目途がついたら、金利の条件を譲って借りられるところでさくっと借りてしまうのもひとつの方法です。

 

自動車ローンを借りるなら、自分が毎月返せる金額をきちんと把握しておくこと。
Goonetなら、ローンを借りる借りないなど関係なく、客観的なシミュレーションをすることができます。 Goonet自動車ローンシミュレーション

 

金利何%までなら月あたりの返済がいくら以内に納められるかが分かると、どこで借りてもいいか客観的に判断がつきます。
ここまで考えて、車を高く売ってできるだけ頭金を多く入れるのが賢いローンの借り方です。

 

車のローンのシュミレーションを間単に行う方法

 

車を購入する時というのは現金で一括払いをする場合もあるでしょうし、車のローンを組む場合もありますよね。ほとんどの方が車のローンを組んでいると思います。

 

この車のローンとうのはローン会社や銀行によって条件も違えば金利も違います。そのため、車のローン比較やシュミレーションをしなければなりません。しかし、一つ一つ車のローンを扱っている会社や銀行に足を運んで説明をしてもらう…というのでは効率が悪いですよね。

 

また、パンフレットを大量に集めて、そこからシミュレーションをするというのも面倒ですよね。
では、どうすれば最も効率が良いのでしょうか?

 

やはり最も車のローンのシュミレーションを効率よく行う方法というのは、価格コムでの車のローンシュミレーションです。車のローンについてシュミレーションをするのであれば価格コムがとっても簡単ですし、なによりあっという間に終わるので試してみてくださいね。
このマイカ−ローンシュミレーションというのは、車のローンを少しでもお得に、そして金利を安く!少しでも無理なく返済をするためにも欠かすことができないことですので、是非一度試してみてくださいね。