マイカーローンが通らない 審査が不安

マイカーローンが通らない 審査が不安なら?

このページでは、マイカーローンが通らない経験がある人がまずやるべきこと、知っておいて欲しいことについてまとめています。

 

車の購入時にローンの審査が不安な場合は、申し込みブラックにならないような手順を踏むことが重要<です。

 

ご注意
このページでは、マイカーローンを通りやすくなる対策も掲載しています。ですが、審査の通過を保障するものではありません。その点をご了承の上、自己責任でご活用下さい。

 

まず、借りられる金額を確認する

マイカーローンのような個人融資の場合は、年収に対するローンの年間返済額が割合から、いくら借りられるかの目安を知ることができます。
自分で計算することもできるのですが、地方銀行が提供する「診断メニュー」を使うと簡単です。

 

例えば、地銀の中でも、全国対応の静岡銀行の「しずぎんのマイカーローン」を例にあげると、
審査に通るか不安な人のための5秒診断というのがあります。

 

↓クリックで、診断できるサイトに飛びます(匿名でできます

しずぎんマイカーローンの5秒診断
しずぎんマイカーローンの5秒診断

 

審査に通るか不安な方と銀行が書いてるんですよ?
診断と言っても、匿名でできますし、年齢と、前年度年収と、すでに他社で借りている年間合計返済額を入れるだけと簡単です。

 

すぐに、こんな感じで結果がでます。


しずぎんマイカーローンで当サイトが診断した結果

この計算ロジックはわかりませんが、借入可能な金額は、年間の返済額の割合(返済負担比率)から計算されているものと思われます。

 

借入可能な金額が表示されるのが面白いですね!

 

もちろん、簡易診断なので、実際の審査に通る保証があるわけではありませんが、この診断をすれば、ひとつの目安にはなりますよね?

 

過去にマイカーローンが通らなかった人は、この金額の範囲内の借入だったでしょうか?
診断の結果から、マイカーローンが通らなかった理由が分かるかもしれません。

 

5秒診断で借入れが可能と出たら、その範囲内の金額でマイカーローンの仮審査を通しておくことをおすすめします。

 

仮審査の結果は1年有効なので、もっと金利が低いローンの審査が通ったらキャンセルすればリスクはありません。キャンセル料は無料です。

 

 

金利が低くて、審査が不安な人に優しい

しずぎんのマイカーローンはなかなか金利が低いです。
ネット申込みと郵送で契約できて来店不要です。一部の地域だけのサービスだったものが人気が出て全国展開されています。マイカーローンを低金利で借りたい人には、狙い目です。

 

ちなみに、しずぎんのマイカーローンには、申込条件で年収制限がありません。
年収が制限があると返済能力を見る前に足切りに合うことがあります。もし、5秒診断で借入可能なら、最初の審査落ちでは年収の足切りにあっている可能性もありますよ。

 

同じ銀行でも、マイカーローンの審査の基準は違いますし、融資の方針も違います。
「審査が不安な人のための・・・」と書いてくれているような銀行もあるということです。上手に借りる場所を選びたいですね?

 

※当月も優遇金利を継続中!

※静岡銀行に口座がなしでもOK!来店不要でネットで仮審査。キャンセル手数料も無料です

 

 

車のローン審査が不安な場合の対策

計算上は、借りられる金額なのだけど、車のローン審査がなんらかの理由で不安な場合に、今すぐできる対策としては、頭金を多く入れて借りる金額を減らすことです。
そうすることにより、年収におけるローン返済の割合(返済負担比率)が下がり、審査に通りやすい状況を作れます。

 

車の買い替えの場合は、ディラーで下取りするよりも、中古車専門の買取店で査定して買い取りしてもらったほうが、買取価格が高くなるケースが多いです。

 

高く買い取りしてもらえば、頭金が増やせます。
気になる方は無料査定でだけでも受けてみるといいでしょう。

 

【参考: 事例付き記事】
車の買い替えで頭金を増やす方法

 

 

借入可能金額の範囲内なのに他で審査落ちしてている場合

「上記の静岡銀行の「5秒診断」でも借入可能金額の範囲でおさまっているし、返済負担比率を自分で計算しても大丈夫なはず。でも、マイカーローンの審査に通らない。」 そんな場合は、次の点を確認してみて下さい。

 

  1. キャシングを利用しているか?
  2. 信用情報に金融事故はないか?(家族含む)
  3. 勤続年数が短くないか?
  4. 記載事項に不備はなかったか?
  5. そもそも審査が厳しいところに申し込んでいないか?

 

一つずつ、なぜダメなのか、理由を説明します。
マイカーローンの審査基準は公開されることがないので、あくまでも参考情報です。でも、使える部分もあるかもしれません。

 

キャシングを利用しているか?

キャッシングだけでなくて、カードローンもなのですが利用していると、実際に今借りていなくても、限度額いっぱい借りた状態で審査をされている場合があります。
これは、融資枠がすでに付いているので、借りているという判断がされるということです。

 

頻繁に使っていないカードローンは、借入に加味されないという話もありますが、マイカーローンの審査でどんな判断をされるかは、金融機関の審査基準によるところなのでわかりません。
もし頻繁に使っているキャッシングや、カードローンがあれば、その借入限度額めいっぱいを借りているとして、返済負担比率を計算してみて下さい。

 

信用情報に金融事故はないか?

金融事故というのは、

  • 延滞(滞納)
  • 債務整理をしている
  • 自己破産をしている

などのことを指します。いわゆる信用情報機関に情報が載っているブラックと言われる状態です。
「ブラック」と判断されると、残念ながら、マイカーローンは通りません。ブラックと判定された情報が消えるまで、一定期間を置く必要があります。

 

気にしてない方が多いですが、クレジットカードの支払が遅れたり、スマホの支払いが遅れたり・・・こんなちょっとしたことでも、信用情報機関に情報が残ります。直近でこれをやっていると、マイカーローの審査に通らないことがありますよ。
滞納があれば、速やかに支払いを済ませましょう。

 

また、自分には問題がなくても、同居の家族がブラックの場合に、自分が悪くなくても審査に落ちてしまうこともあります。この場合は、あなたが未成年でない場合は、たいていは住所が原因です。

 

勤続年数が短くないか?

安定収入があることをローン契約の条件にしている金融機関は多いです。
そのため、転職して間もない場合などは、審査に落ちてしまうことがあります。勤続年数に関しては、勤め先の情報なども加味して審査される場合もあるので、どれくらい勤めていれば大丈夫というような判断が難しいです。

 

極端に勤続年数が短い場合は、自社ローンを扱っている販売店で車を購入してローンの相談して、「転職」であることを伝えると多少は融通を利かせてくれるかもしれません。

 

記載事項に不備はなかったか?

ローンを申し込んだ時の記載事項に不備があったり、自分をよく見せようと虚偽の情報を書いたりすると、マイカーローの審査には通りません。

 

特に、他社借入金額ですね。
ローンの審査の際には、信用情報機関に情報を照合するので、必ずバレます。

 

それから、たまに間違う人がいるのですが、年収というのは、税込み年収です。
手取り金額(口座に振り込まれる金額)でだいたいの概算を書いてしまう人がいるのですが、それは税引き後の年収です。税込みの年収は、前年度の源泉徴収票を見て正確に記入しましょう。

 

そもそも審査が厳しいところに申し込んでいないか?

金融機関によって、マイカーローンの審査基準はさまざまです。
車を購入するディーラーが提供する提携ローンと、銀行の提供するマイカーローンでは当然ながら基準は違いますし、銀行の中でもそれぞれ異なります。

 

ですから、審査が不安という気持ちがあるなら、そんな気持ちに答えてくれるような金融機関で申し込むべきです。

 

最近では、低金利のマイカーローンを扱う銀行でも、利用者に優しいサービスを提供しています。

 

おすすめの金融機関はこちら

 

車のローンと総量規制

最近、「総量規制」という言葉がネット上にあふれていて、

 

マイカーローンの審査に通らない=総量規制せい?

 

と勘違いしている人がいるので、説明しておきますね。
総量規制については、

 

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

引用 :日本貸金業協会

 

というものです。
マイカーローンは、この例外にあたり、自動車を担保貸付けを行うもので総量規制対象外です。

 

 

総量規制の借入があっても、マイカーローンは借りられる?


 

総量規制に関しては、マイカーローンは規制の対象外です。
ですが、年収に対する年間返済額のバランスを見られるので、総量規制に該当する借入は、マイカーローンの審査に影響を与えます。

 

年収に対する年間の返済額の割合を「返済負担比率」というのですが、
一般的にですが、返済負担比率が、およそ30%〜40%以内なら、ローンの審査に通ると言われています。

 

仮に、年収300万円の人が、すでに総量規制の100万円の枠を使い切ってるとして、返済負担比率を計算してみますね。

 

返済負担比率の計算

 

年間のローン返済額 ÷ 年収(税込)×100 = 返済負担比率(%)

 

 

計算の例を上げますね。

・今回借入する車でローンを組む金額150万を5年で返済→150万÷5より、年間返済金額30万
・消費者金融のカードローンの年間返済額30万
・税込年収300万円

 

(車の年間返済額30万+カードローン年間返済額30万)÷300万×100 = 返済負担比率20%

 

この場合は、返済負担比率が20%なので、ほぼ通るでしょう、ということになります。

 

返済負担比率を計算する時の注意点

カードローンやキャッシングを頻繁に利用している人の場合は、現在の借入残高からの年間返済額ではなくて、限度額を目一杯借りた時の状態で計算しておくことをおすすめします。
なぜなら、カードローンやキャッシングの融資枠は、いつでも借りられるので、すでに借りているものとして審査される場合があるからです。

 

まとめ

マイカーローンが通らない、審査が不安という人に参考になる情報をまとめてみましたが、お役に立てましたか?
車の購入にあたって、マイカーロ−ン利用しない人のほうが少ないと思います。

 

金融事故がある場合は、どこのローンを選んでもほぼ通るのは難しいのですが、カードローンの大きな融資枠が審査の邪魔をしていた利する場合は、使っていないものを解約することで対処できたりすることもあります。
また、返済負担比率がオーバーしているようなら、その範囲内におさまるように調整することもできます。審査に関する情報を知っていることで変わってくる結果もありますから、参考にして下さい。

 

ただし、必ず審査に通るとは保証できないので、その点は自己責任で。ご了承下さいね。