車買取相場表の価格で売ってもいいの?

 

車をどこで売るにしても、車買取相場表の相場は、そのまま鵜呑みにすると損をするかもしれません。

 

車買取相場表とは、メーカーやディーラーや中古車買取業者などが、独自の指標で車を買取る目安となる数字を公表しているものです。
有名なところだと、みんから が提供しているものがあります。

 

その他、メーカーが車種ごとに提供しているケースもありますがそれぞれが独自の指標をもとにしているのでどこがいいとは一概に言えません。

 

最初にご紹介した実例で、ディーラーと買取店の価格にあれだけの開きがでることを考えても、実際の価格への影響は参考程度と考えたほうがいいでしょう。

 

もう一度、買取価格の実例を見る

 

車を高く売りたいなら、無料一括査定です。
 
無料一括査定では、車買取相場表よりも高い水準で売れる確率が高いです。
買取店が競い合うから、40万とか買取価格に差が出る車種もあります。

 

損をしないで売るのにはもってこいの仕組みなので、車を売ってから後悔する前に確認しておくのがおすすめです。
買取相場以上で高く売れるおすすめサービスはこの2つです。


相場があてにならない証拠

車買取相場表にでている数字は、実際の価格にはほとんど関係なくて、
まず、ディーラーの下取りと買取店でこれだけの差 がでます。
車買取相場表とは全然違う数字で買い取られています。
 


 

相場を調べる時のポイント

 

車買取相場表があてにならない理由は、お分かりいただけたでしょうか?
もちろん、参考にするのはOKなのですが、それが上限ではないことを知っておいて損はないですよ。

 

相場というのは市場の動向を受けて変動するものですし、
市場価格が安くても、その車種を得意とする買取店は高く買い取ります。
だから、あくまでも、相場というのは参考程度にみてください。

 

それから、もし、これから車のローンを組むなら、当サイトのトップページの
自動車のローン審査で知らないと損する重要なことというテーマも参考に読んでおいてください。
損をしないで上手にローンを組む方法をご紹介しています。

 

 

参考記事一覧