自動車下取り価格の相場のカラクリ

 

下取りされた自動車は、その販売店と提携している中古自動車買取業者に流されます。ディーラーと買取業者は連携しています。だから、下取り価格は安いほうが都合がいいのです。

 

ここに、自動車下取り価格の相場のカラクリがあります。

 

ディーラーは買取業者から手数料を得られますし、
買取業者は中古自動車を安く仕入れて高く売ることで利益を得られます。
下取り価格が安いほうが、この関係がうまく成り立つのですね。

 

だから、下取り価格はとても安いのです。
買取店の買取価格と比較するとこのことがよく分かります。


損しないために大切なこと

 

もうお分かりいただけたとおもいますが、下取り価格の相場はあってないようなものなのです。
最初から言われるままに下取りに出したらもったいないですよ?

 

下取り価格を見直して頭金を多く入れれば、確実にローン返済の負担を減らすことができます。 最初に借りる金額をできるだけ減らすのが損しない鉄則です。

 

条件のいいローンを組むために

 

頭金を多く入れて、低金利の自動車のローンを使えば間違いありません。
この時に、審査に不安がある人もいらっしゃいますよね?

 

それならば、なおさらのこと、頭金を多く入れて借入金額を減らして下さい。

 

理論上、借入金額が減れば、自動車のローンの審査も通りやすくなりますよ。

 

自動車の下取り価格の相場をそのまま受け入れないで、高くする手間を惜しまないことです。
これから、自動車のローンを賢く組むためのコツでもあります。

 

 

 

 

参考記事一覧

車と年収から考える自動車ローン車の価格は年収のどれくらいまでが調度良いの?という視点から、自動車ロー...


車購入でクレジットカードは使用できるの?車を購入する時に、まるまるクレジットカードで支払いができたら...